手元に現金がなくても、クレジットカードがあれば買い物や食事ができるとっても便利です。しかし、現金が必要なときもありますよね。例えばカードの使えない病院で高額の支払をしなければならないといった時や、冠婚葬祭などで現金を包まなければならないときなど、カードではカバーしきれない時もあります。

 

そんな時に手元に現金を手に入れる方法として挙げられるのが「キャッシング」「カードローン」です。
クレジットカードのキャッシング機能を使ってATMから現金を引き出すことが可能です。キャッシング機能の有無やキャッシングの限度額に関してはきちんと確認が必要ですが、手元にあるクレジットカードに機能が備わっていれば提携ATMでキャッシングをうけることが可能です。
「カードローン」については銀行や消費者金融に申し込みをして審査を経て融資を受けるということです。

 

どちらの方法でも「金利」が発生して返済する際には元金+利息分を支払う必要があります。
現金がすぐに必要という場合はどちらの方法をとるのが賢い選択なのでしょうか。

 

まずは、金利の面についてお話していきます。クレジットカードのキャッシング金利は18.0%以上をとってくるところが多く見られます。それに対して銀行系のカードローンの場合は高いところでも15.0%を下回ってきますので、クレジットカードのキャッシング金利は高いということがお分かりいただけると思います。
ですので「キャッシングを目的としてクレジットカードを作る」のは得策ではありません。あくまでもショッピングを基本とする場合にクレジットカードを利用しましょう。キャッシングのみを目的とする場合は銀行カードローンや消費者金融の方が金利が低くおススメです。

 

金利だけをみるとクレジットカードのキャッシング機能はつかわない方がいいのでは?と思うかもしれませんが、クレジットカード1枚もっておけば万が一の時にキャッシングも受けられるというのはかなりのメリットではないでしょうか。
お金が必要になったからカードローンを申し込むというのも手間も時間もかかります。それに現金を引き出すことのできるカードを何枚も財布に入れておくというのも安全上あまりよろしくないですよね。お財布を紛失してしまった時のリスクが高まります。
その点、普段買い物で利用しているカードがいざという時にキャッシングとしても利用できるのは安心ですし心強いです。お守り代わりにキャッシング機能付きのカードを1枚持っておくのはとてもおススメです。

 

クレジットカードにキャッシング機能を利用する前の注意点として「返済方法をしっかり確認しておく」ようにしましょう。カードローンのように繰り上げ返済に応じていない場合もあり、最初に設定した返済方法で返済していくことになる場合もあります。キャッシングは1日単位で利息がかかってきますのでできるだけ早めに返済できる方がよいのです。返済方法が「リボルビング払い」などになっていないか今一度確認してみましょう。