日頃、車を運転される方であれば『ETCカード』のことはご存知ですよね。高速道路を利用する際に、利用料金を車を止めなくとも支払うことのできる便利なカードのことです。ゲートを通る際に、機械がカードに反応して「どこからどこまで走ってきたのか・料金はいくらなのか」を瞬時に判断し、料金をETCカードの利用者に後日請求をするという仕組みです。
車をとめて入場券をうけとり、出る際に現金と一緒にはらいお釣りをもらうという手間が省けます。面倒でないというのはもちろん、ETCカードの利用者が増えることで出入り口付近での渋滞緩和にも効果的なのです。

 

そんなETCカードは、クレジットカード1枚に対して1枚付属で発行することで手に入れることができます。自分名義のクレジットカードに紐づく形でETCカードが1枚発行されるのです。クレジットカードは、申し込む際に引き落としの口座として銀行の口座の登録が必要となります。ETCカードの利用分に関しては利用後、クレジットカードの請求と同じ様に期間内の利用がまとめて請求されてきます。そして指定の口座から利用分が引き落とされる仕組みです。
クレジットカードをショッピングとしても利用しているという場合は、期間内のショッピングの利用分とETCカードの利用分がまとめて請求されてきます。

 

クレジットカードには年会費や入会金がかかるものがあります。また、ETCカードや家族カードなど追加カードを発行する場合に発行手数料が発生するものもあります。
今現在クレジットカードをすでにもっており、そのカードからETCカードを発行するという場合は上記の点についてしっかりと確認してから発行しましょう。

 

ではETCカードを目的としてクレジットカードをこれから申し込もうという場合はどのように選んで行けばよいのでしょうか。どこのクレジットカード会社から発行されたETCカードであっても『ETCカードの機能に変わりはありません』そのため、『元となるクレジットカードの内容』と、『先ほど説明した手数料』この2点からカード会社を選んで行く必要があります。

 

もちろんお得に利用したい!という場合には入会金・年会費・発行手数料が無料のカードを選ぶことをおススメします。イオンカードのは年会費・入会金・発行手数料がすべて無料です。ETCカードに関しても同じです。イオンからは様々な種類のカードが発行されていますが、そのほとんどにETCカードを付帯させることができます。

 

楽天カードやビックカメラSuicaカードに関してはETCカード年会費として500円ほど取られてしまいますが、全国のエネオスでガソリンをいれればポイントが3倍で溜まったり、ETC利用分に関しても100円で1ポイントポイントが溜まるので元を取るのは簡単です。両カード共に旅行保険が無料で付帯しており搭乗中の場合でも適用となる場合があるのが大きなメリット一つであるといえます。