みなさんはクレジットカードを作るときに、どのような利用方法を目的としてカードを作っていますか?
インターネットショッピングの決済分だけ・海外旅行の時の為に・ETCカードを作る目的で・・など様々な利用方法があげられるはずです。

 

三井住友カードと年間利用額

たとえば、三井住友カードの申し込みを検討されている方に是非知っておいていただきたいお得情報として『年間利用額が一定を越えるとお得な特典がたくさんある』ということです。
簡単に説明すると、一定額を越えて利用すれば「利用すればするほどドンドンお得が増えていく」という素敵なサービスがあるのです。
そのため、上記にあげたように目的あってカードを作ったという人でも、是非街中など普段のお買物で現金で払っていた分を三井住友カード払いにしてお得を最大限利用してほしいのです。

 

具体的なサービス内容を説明します。三井住友カードでは、前年度の利用額の合計金額によって、会員ステージというものを分類されます。このステージに応じて、ポイントの付与率がアップしていき、更にボーナスポイントももらえてしまうという内容です。
年間利用額が50万円以上の方は「V1」。年間利用額が100万円以上の方は「V2」。年間利用額が300万円以上の方は「V3」。という3つのステージがあります。
ステージごとのサービスの内容は、『一般カード』『ランクカード』によって内容が異なります。

 

最初に一般カードの内容を見ていきましょう。一般カードのポイント還元率は0.5%です。
「V1ステージ」になった場合、プラスで0.05%されるので、還元率は0.55%となります。また、利用50万円達成で50ポイントがサービスポイントとして付与され、以降10万円毎に10Pがもらえます。
「V2ステージ」ではプラス還元率が0.075%で、還元率合計は0.575%。ボーナスポイントは50万円利用で75P以降10万円毎に15Pが付与されます。
「V3ステージ」では、プラス還元率が0.15%なので、合計は0.65%。ボーナスポイントは50万円利用で150P以降10万円毎に30Pが付与されます。

 

ランクカード(ゴールドカード・プライムゴールド・エグゼクティブカード)の内容がこのようになっています。
「V1ステージ」では、プラス還元率は0.1%。合計して、還元率は0.6%となります。ボーナスポイントは、50万円利用で100Pもらえ、以降10万円毎に20Pが付与されます。
「V2ステージ」では、プラス還元率は0.15。合計して、還元率は0.65となります。ボーナスポイントは、50万円利用で150pもらえ以降10万円毎に30Pが付与されます。
「V3ステージ」では、プラス還元率は0.3%。合計して、還元率は0.8%となります。ボーナスポイントは、50万円利用で300Pもらえ、以降10万円毎に60Pが付与されます。

 

還元率もあがり、利用すればするほどボーナスポイントがもらえ、ざくざくポイントが溜まっていくのが想像できるはずです。