学生でもクレジットカードを作ることはできるのでしょうか?
少し前まではクレジットカードというと大人の使うものというイメージがありましたが、今では『学生だからこそ必要』という場面も多いのではないでしょうか?

 

国内の買い物や旅行などで利用するというのはもちろんですが、最近では学生のうちに海外旅行へ行く人も多いです。そんな時に自分名義のクレジットカードが1枚でもあれば便利ですよね。

 

学生のクレジットカードの申し込み条件

まずは申し込みの条件についてです。これは18歳以上というのは大原則となります。ですので大学生・専門学校生・短大生・大学院生を対象としてご説明していきます。
上記の学生であれば『アルバイトをしていてもしていないくてもクレジットカードを申し込むことは可能』です。このアルバイトをしていなくてもOKというところがポイントです。

 

ここからは2種類のカードについて説明をします。
まず今先ほどあげた「アルバイトをしていなくてもOK」という点についてです。これが適用されるのは『学生専用クレジットカード』『学生OKのクレジットカード』のみとなります。
クレジットカードは本来、収入のある人を対象として発行しているものですが、学生カードであれば大丈夫です。
本当にそんなことがあるのか?とにわかに信じられないかもしれませんがほんとうです。しかも、学生向けクレジットカードであれば、初めてカードを持ちたいという場合では『ほとんど審査で落とされることがない』といってもいいほどカードを手に入れるのは簡単です。
これは学生でアルバイトをしていないということは「親の援助で生活をしている」ということなので、クレジットカードの返済にも親という「保険」がかかっているようなものだからです。
プラスして限度額もあまり高額ではないのでカード会社としてもリスクは少ないと判断しているのです。

 

ではアルバイトをしている場合でも学生クレジットカードを申し込むべきなのでしょうか。
学生として申し込むかアルバイト勤務として申し込むかですが、カードによって変化させるのが得策です。
学生OKのカードについては「学生」という身分で申し込みをしましょう。
アルバイト勤務ということだけだとカード会社からすると「フリーター」として認識されてしまいます。フリーターは収入が安定しないと思われがちなので、学生の方が審査には通りやすくなります。学生でもOKの場合は学生として申し込みをしましょう。
学生NGのカードの場合は「アルバイト勤務」として勤務先や年収などを記載して審査に臨みましょう。ただし、フリーターとはカード会社の中では一番低い属性となることが多いのであまりおススメはできません。どうしても学生ではつくれないカードを作りたい時のみの手段と考えてください。

 

学生でいるうちはクレジットカードを作るのは簡単です。この学生期間でクレジットカードを綺麗に利用してクレジットヒストリーをつくることで社会人になってからもカードを作りやすくなります。