法人カードという言葉はご存知ですか?一般のクレジットカードと違って会社向けに発行されるクレジットカードのことを呼びます。一般のクレジットカードは、引き落とし口座の名義人本人のみ(もしくは本人の希望があれば家族も可)にカードが発行されます。それに対して法人カードは『法人口座』を引き落とし口座として設定し、『法人代表者』名義で発行されます。

 

通常ですとクレジットカードは名義人本人以外は利用することができません。たとえ家族であっても、了承を取っているということであっても、本人以外の人間がクレジットカードで決済することはカード会社としては容認できないことなのです。
しかしこの法人カードは、代表者(この場合、法人カードの名義人)の経営する会社の経費を支払うために利用するカードなのです。

 

そのため、会社の光熱費や事務用品の購入・店舗内の家電の購入や修理費・パソコンや電話機などの通信費・ネット広告費など、会社経営時に発生する支払い関係をまとめてクレジットカードで管理することができるのです。個人個人がバラバラに支払いをして、領収書をもってくる・その領収書を経理の担当者が逐一確認するなどの手間と時間を省いて効率よく経理をまわすことができます。
また、金銭にかんするトラブルは大きな問題となります。領収書の紛失や、もらいわすれ・領収書の偽装など、トラブルとなってしまいがちな案件も法人カードで経理を管理することでリスクを減らすことができます。

 

また、法人カードからETCカードを発行するのも会社にとって大きなメリットとなります。社用車での訪問や移動などの際に高速道路で移動する機会は多いです。その際に従業員が建て替えることは先ほどのようなトラブルを産みがちです。ETCカードがあれば、引き落とし先は法人口座からですし、乗った場所や降りた場所も把握できますし、ゲートをスムーズに通過することができます。

 

また、法人カードであっても通常のクレジットカードと同じように「ポイント」がたまるサービスはありますし、社員向けに追加で数枚カードを発行できるサービスを設けているカード会社もあります。このように法人カードをつくることは会社にとってメリットがとても多いということがお分かりいただけるとおもいます。

 

では法人カードによるデメリットというのはなんでしょうか。まず考えられるのは『年会費』です。一般向けのカードは年会費無料のカードが多いのに対して、法人カードは通常年会費が発生するものと思ってください。もちろん無料のカードもありますが、ほとんどが年会費が発生します。

 

しかし、会社の経費をカードで決済することを考えれば、決済によって獲得できるポイントで年会費分のもとは取れると思ってよいでしょう。年会費といっても安いところを選べば数千円からと十分もとがとれる金額です。ただ、追加カードに対しても年会費がかかるところがほとんどですので、発行しすぎには注意が必要です。