クレジットカードの中には『プロパーカード』と『提携カード』いう2種類のカードが存在します。それぞれのカードの違いをまずはご説明します。

 

プロパーカードとは

まず『プロパーカード』についてです。もともと「プロパー(Proper)」という単語には「特有の・固有の」などといった意味があります。ですので、直訳すると”特有のカード・固有のカード”という意味になります。つまり、他社と提携などを結んでいない独自発行のカードをプロパーカードと呼びます。

 

提携カードとは

つぎに『提携カード』です。これはカード発行会社が、他社と提携を結び、両社の協議の上カードのサービス内容などを検討して作られたカードです。カードの券面にはカード発行会社のロゴ・国際ブランドのロゴ・それに加えて提携先企業のロゴやイラストが印字されることが多いです。

 

わかりやすく具体例を挙げてご説明します。例えば大手流通系のイオンが発行しているカードで説明しましょう。「イオンカード・イオンカードセレクト」などは、イオン独自で発行しているカード つまりプロパーカードです。これらのカードにはイオン独自の電子マネーWAONや、イオン銀行の機能が付帯していますが、どちらもイオン独自の機能なので他社とは提携していません。

 

「イオンSUICAカード・イオンJMBカード」などこれらは提携カードです。これらのカードには電車のVIEWと提携したSUICAの機能はついていたり、航空会社JALと提携してマイルがたまる機能がついていたりとイオン独自の機能にプラスして提携先の機能が付帯しています。イオンカードとは券面のデザインも若干異なり、見た目でSUICAやJALマイルの機能がついているということがわかります。

 

つまり、どちらもイオンが発行しているクレジットカードであることには変わりはありません。しかし、サービス内容などに違いが発生してくるということです。国際ブランドのついたクレジットカードであるということには変わりはありませんので、同じ国際ブランドを選択した場合、「提携カードだったからここで買い物ができなかった・プロパーカードだったから使えなかった」というような事態になることはありません。

 

SUICAやJAL・ANAのマイレージサービスなど認知度などから見て”見るからに提携カードだ”とわかるものもあれば、少しマイナーな提携先などだとパッと見では提携カードかプロパーカードが判断がしずらいというケースもあります。
そこで、お目当てのカード発行会社のプロパーカードの見つけ方としては、「そのカード会社から発行されているカードのなかで一番ベーシックなもの」です。様々な種類があるなかで一番基本となっていそうなカードがプロパーカードである可能性が高いです。

 

ここまではプロパーカードとは一体何か・提携カードとはどのようなものかに関して解説してきました。続いては「それぞれのメリット」と「自分にあった選び方」についてです。

 

提携カードのメリット・デメリット

まずは提携カードとプロパーカードの「それぞれのメリット・デメリット」についてです。

 

提携カードのメリットは『サービスの幅が広い』ことです。提携カードは、一般的なクレジットカードのサービスにプラスして、提携先企業のサービスもうけることができます。

 

先ほどの例から説明すると、「イオンSUICAカード」はプロパーのイオンカードと同じように国際ブランドの加盟店で決済できます。利用額に応じたポイントも溜まります。紛失や住所変更・限度額の調節などの場合はイオンカードのコールセンターを利用することができます。これらに加えて『SUICAの機能が付帯しており、チャージすることで公共の交通機関やコンビニなどでSUICAの機能が利用できる』というサービスが受けられます。また、イオンカードの例で続けると「イオンコスモザオーパスカード」というコスモ石油と提携しているカードがあります。この提携カードだと、コスモ石油で給油をする際に優待価格になるというサービスがあります。

 

このようにカード発行会社の自社のサービスに加えて、提携先のサービスも受けられるのが提携カードのメリットです。
では提携カードのデメリットはどのようなものでしょうか。

 

それは「ポイントの還元率・基本サービス内容」にあることが多いです。これはカード発行会社によって異なるので一概には言えません。自分の希望するカードがあった時に「こんなこともあるんだ」とよく確認するポイントとして覚えておいてください。
提携カードでは、提携先・カード発行元ではお得に利用できたりポイントが溜まりやすかったりとメリットが多いですが、その他一般のお買物の際のポイントがプロパーカードと比べて還元率が悪くなってしまう場合もあります。
また、クレジットカードの基本機能として付帯しているショッピング保険などの内容がプロパーカードよりも手薄になっていることもあります。
(すべての提携カードがそうではありませんので、注意してください)

 

プロパーカードのメリット・デメリット

つぎに『プロパーカード』です。メリットはクレジットカードの基本となるサービスが充実しているという点があげられます。
一見、提携カードの方がサービスが多くていいと思われがちですが、プロパーカードの方が基本的な内容は手厚いことが多いです。ショッピング保険・盗難保険などの点です。

 

また、カードを紛失・磁気不良・破損などで再発行を依頼した場合も、プロパーカードの方が早くカードが完成します。(付帯する内容が少ないため)
他にも、ゴールドカードやブラックカードなどステータスが上がるのもプロパーカードです。ランクカードと呼ばれるこれらのカードはそれぞれのカード会社のプロパーカードがランクアップして発行されたものがほとんどです。

 

デメリットとしては、提携カードのようにオリジナリティーあふれたサービスが少ない点です。基本的な内容の充実度で勝負しているので、提携カードほどサービスの幅は広がりません。

 

どちらのカードにもメリット・デメリットは存在します。どちらを選ぶべきだということを一概には申し上げられませんが、どちらを選ぶ場合でもしっかりと内容を確認して納得のいく1枚を選びましょう。