VISA・Master・JCBなど、クレジットカードに関する単語を聞いたことはありますか?
これらは『国際ブランド』と呼ばれるものです。
上記3つが、日本国内の3大ブランドといえるでしょう。世界に目を向けてみますと、ダイナースクラブ・アメリカンエキスプレスも大きな国際ブランドとしてのシェアを確立しており、先ほどの日本国内での3大ブランドと併せて「世界5大ブランド」として展開しています。

 

では、そもそも国際ブランドとはなんなのでしょうか?
国際ブランドの違いにはどのようなものがあるのでしょうか?

 

国際ブランドとは「クレジットカード発行会社ではない」というのがポイントです。
国際ブランドとは『決済機構』のことを表しています。
カードの券面に国際ブランドそれぞれのマークが印刷されており、このカードを利用するとどの決済機構が使用されるのかを示しています。
なので、例えばですが「楽天」という会社の発行しているカードを作る場合、自分で国際ブランドを選びます。ですので、同じ「楽天カード」を持っていても、「楽天カードのVISA」を持っている人と「楽天カードのMaster」を持っている人がいるということです。

 

決済機構とはどのような役割を果たしているのかを詳しく見ていきましょう。
お店のレジカウンターの近くに様々なカード会社のロゴが書いてあるポスターを見たことはありませんか?このマークのカードが使えますということがわかるようにレジ周りに張り紙をしている店舗が多く見受けられます。
そのロゴこそが「国際ブランド」なのです。(上記5種類の国際ブランド以外にも消費者金融やプロパーカードのロゴも掲載されている場合があります。)
つまり、国際ブランドによってこのカードのつかえるお店が変わってくるということです。VISAと提携しているお店であればVISAブランドのついたカードが利用でき、JCBと提携しているお店であればJCBのカードが使えるという訳です。

 

カードを使って買い物をする際にレジなどにスキャンします。その際、カードが利用可能か・このカードで決済してもいいのかを瞬時に判断しています。
そして、決済可能な場合に「決済を承認した」ということで承認番号を発行して決済が完了します。
国際ブランド各社は、さまざまなセキュリティ機能を駆使して、安全で確実な決済を保証してくれるのです。海外でもクレジットカードで決済できるのは国際ブランドが正しいレートで正確に決済してくれる為です。

 

つまり、国際ブランドとはクレジットカードの決済サービスを行っている会社の商標のことを表しているのです。各国際ブランドと提携したお店でのみ決済が可能ということは、国際ブランド選びはカードを作る際に重要な項目の一つであると言えます。
後半では、日本国内での3大ブランドVISA・Master・JCBのそれぞれのポイント・違いについてわかりやすく解説していきます。

 

VISA・Master・JCBのそれぞれのポイント・違い

国際ブランドとはどんなものかがわかったところで、次は選び方・違いについてです。

 

日本国内でのシェアはVISA・Master・JCBこの3強であります。
それぞれの名前・ロゴ等をみなさん一度は目にしたことがあるはずです。
実際に利用できるお店に関わってくるということであれば「かなり重要なこと・自分のよく行くお店はどの国際ブランドがつかえるの?」と心配になりますよね。
しかしご安心ください。日本国内でのみの買い物やお食事などの利用であれば『どのブランドを選んでもほとんど大丈夫』であると言えます。
大手のスーパーやネット決済・ガソリンスタンドやレストランなどは3つのブランドどれでも使えるようにすべてと提携していることがほとんどだからです。ただ国内でも、小さめな個人店などでは特定の国際ブランドのみ受け付けという場合もあります。このお店でどうしても利用したいという個人店があれば確認しておく必要があります。

 

国内にいる分にはどのブランドでも困ることは少ないと言ってしまっては「ではどうやって選べばいいのか?」と逆に疑問ですよね。それぞれの国際ブランドについて解説しますので、自分にぴったりなブランドを見つけてください。

 

VISAの特徴

まずは「VISA」についてです。VISAはクレジットカード発行枚数・利用可能店舗ともに世界でナンバーワンです。アメリカ発症のブランドですが、日本発症のJCBブランドを押さえて日本国内だけでみてもシェア率はナンバーワンです。カードが1枚目で、どのブランドを選べばいいのかわからないという場合であれば『VISAを選んでおけば困ることはない』といっても過言ではありません。

 

MasterCardの特徴

次に「Mastercard」についてです。こちらはVISAに対抗する形で同じくアメリカから生まれた国際ブランドです。赤とオレンジのマークが特徴です。世界的に見てもVISAとかわらないくらい多くの利用者・利用可能店舗をもっています。日本国内でも同様です。日本国内だけで言えばVISAがつかえてMasterが使えないというお店はごくごく稀なので国内のみの利用であればどちらでも構わないと考えます。
しかし、世界的にみると利用店舗はVISAとあまり差はありませんが、地域性が高いと言われています。利用するお店次第ではあるのですが、「VISAはアメリカに強く、Masterはヨーロッパに強い」と世間では言われています。お店によりけりではありますが、海外旅行目的でカードを作る場合は、VISA・Masterの両方を持って行ったほうが安全ではあります。

 

JCBの特徴

最後に「JCB」についてです。世界5大ブランドのうち唯一の日本発症の国際ブランドであるJCBは、日本ではほとんどのお店で使えるといってもいいほどのシェアを誇っています。しかし、世界的にみると前述したVISA・Masterとくらべると加盟店は少ないので、海外旅行向きではないと言えます。しかしJCBプラザという世界にあるサポートデスクを利用することができるのはとても便利です。