バンドルカードは誰でも作れるクレジットカード?その仕組みとは?

バンドルカードとは?
現金を持たないキャッシュレス決済がどんどん当たり前になっている今の時代。
その先駆けとして、主流で使われているものといえばクレジットカードですよね。

 

でも、クレジットカードを作るには年齢制限があったり、審査に落ちてしまったりとクレジットカードを持てない人もいるかと思います。 
そんな人に適しているのがバンドルカードです。

 

では、バンドルカードはどんなカードなのでしょうか。
詳しく見てみましょう。

バンドルカードとは

 

バンドルカードとは、誰にでも簡単に作ることができるVisaプリペイドカードアプリのことです。
クレジットカードと同じように、ネットショップや実店舗でカード決済として使うことができます。

 

つまり、クレジットカード代わりとしてバンドルカードは利用できるということになりますね。
ただし、バンドルカードはあくまでクレジットカードではなく、プリペイドカードになるので、事前に入金(チャージ)してから使うのが特徴です。

 

あらかじめ使える金額が決まっているので使いすぎる心配が少なくなりますね。

 

ところで、プリペイドカードってあまり馴染みのない人もいますよね。
バンドルカードについて詳しく説明する前に、まずは、プリペイドカードについて説明します。

 

プリペイドカードとは、事前に支払いを済ませる、前払い式のカードのことをいいます。
例えば、電車に乗る時によく使われるSuicaやセブンイレブンで使われるnanacoカードは、プリペイドカードの部類になります。

 

どちらのカードも事前にチャージしてから電車に乗ったり、コンビニで買い物をしたりしますよね。

 

ただ、プリペイドカードだとコンビニや銀行に行ってチャージするのが面倒、または、手元に現金がなくてチャージできないと思う人もいるのではないでしょうか。

 

バンドルカードを使うにあたり、その点に関して特に困る必要はありません。
バンドルカードには「ポチっとチャージ」という後払い式のチャージ方法があります。
前払い以外の方法でチャージができてしまうということです。

 

「ポチっとチャージ」の詳細は後払い可能なポチっとチャージに後述しているので、そちらを読んでみてくださいね。

 

プリペイドカードだけど、「後払いができる」かつ「クレジットカード払い」と同じ扱いになるバンドルカード。

 

クレジットカードを持てない人の中で使われる機会が増えそうですね。

 

そして、バンドルカードには以下の種類があります。

バーチャルカード リアルカード リアル+カード
入手方法 アプリインストール+アカウント登録

アプリから発行手続き

利用できない店 ガソリンスタンド・宿泊施設・公共料金・自動販売機・本人認証が必要な店舗など 左記からガソリンスタンド・宿泊施設を除いたもの
発行手数料 無料 300円または400円 600円または700円

 

この表のように、カードを実際に発行する場合は手数料が発生するので確認しておきましょう。

 

実店舗でカードを利用するときは、リアルカードの発行が必要になるので、ネット以外でも利用したい人は発行してもいいかもしれませんね。

 

もくじに戻る

バンドルカードのチャージ方法

バンドルチャージ方法
バンドルカードはプリペイドカードになるので、事前にチャージが必要になりますよね。
では、どんなチャージ方法があるのでしょうか。

 

バンドルカードのチャージ方法はなんと10種類あります。

 

・ポチっとチャージ
・ドコモ払い
・セブン銀行ATM
・コンビニ
・クレジットカード
・ソフトバンクまとめて支払い (現在一時停止中です)
・ネット銀行
・銀行ATM(ペイジー)
・ビットコイン
・ギフトコード ※バンドルカードが発行するものに限ります

 

これだけのチャージ方法があると、逆にどれを使えばいいか迷ってしまいますね。

 

コンビニや銀行にわざわざ行ってチャージをするのが面倒だと思う人は、ネット銀行からのチャージが可能ですし、NTTドコモを利用している人であれば、携帯料金とまとめてチャージをすることが可能です。

 

また、クレジットカードチャージもできるので、チャージ分のポイントが付与される場合もあります。
登録するクレジットカードによってポイントが付与されたり、されなかったりするので事前に確認をしておきましょう。

 

色々なチャージ方法があるので、自分の都合に合わせてチャージ方法を選んでみてくださいね。

 

後払い可能な「ポチっとチャージ」

財布や口座に現金がなくて今すぐチャージが出来ないとなった場合に便利な「ポチっとチャージ」。

 

前払いではなく後払いになるので、手元に現金がなくても商品を購入することができます。
そのため、クレジットカードと同じ感覚で使えますね。

 

そして、毎回コンビニや銀行に行ってチャージをするのが面倒だなと思ったときに使えるのもこの「ポチっとチャージ」のメリットです。

 

「ポチっとチャージ」の使い方ですが、バンドルカードのアプリから簡単に申込ができます。

 

使い方は以下のとおりです。

アプリにある「ポチっとチャージ」ボタンをクリック

「ポチっとへの申込」をクリックし、氏名、生年月日、メールアドレス、電話番号を入力

利用規約を確認後に電話番号認証を行う

申込金額を入力したら、チャージ完了

 

 

 ただし、「ポチっとチャージ」を使う際には注意点があります。

 

・一度チャージの申し込みをするとキャンセルができない
・支払期限が申し込みから翌月末まで
・チャージできる金額が1回3,000円〜最大50,000円まで

 

チャージ可能額については、最初はチャージ可能額に上限があり、初めから最大金額の50,000円をチャージすることはできません。

 

最初から大きい金額を利用できないので、あらかじめ使える金額が制限されますが、浪費の防止にはなりますね。

 

チャージ可能額を増やしたい人は、

・「ポチっとチャージ」の利用頻度を増やす
・チャージした金額を期日を守って返済する

といったことを心がけましょう。

 

「ポチっとチャージ」を利用すればするほどチャージ可能額が増えるので、自分が設定したい可能額になるまで利用してみてくださいね。

 

また、「ポチっとチャージ」を使いたいのに、「チャージできない」という声もあるようです。
その場合は、以前に「ポチっとチャージ」を利用して、支払い期限が過ぎて未払いのままになっている可能性があります。

 

未払いのままだとバンドルカードが利用できなくなるので、期限までに支払いできる金額をチャージするのがよいでしょう。

 

では、「ポチっとチャージ」の支払い方法は何があるのでしょうか。

・コンビニで支払う
・銀行ATMで支払う
・ネット銀行で支払う

上記の3つの方法から、チャージした金額と手数料を支払いしていきます。
「ポチっとチャージ」についての手数料は「チャージ手数料が無料」に記載されています。

 

チャージ手数料が無料

チャージする際の手数料もどのくらいかかるのか気になりますよね。
バンドルカードをチャージする際の手数料は基本的に無料です!

 

ただし、「ドコモ払い」や「ポチっとチャージ」でチャージする場合は手数料がかかってくるので、利用する際に確認しましょう。

 

ドコモ払いの場合、以下の手数料が発生します。

チャージ金額が4000円以下 一回につき300円
チャージ金額が5000円以上 一回につきチャージ金額の6.15%

ポチっとチャージの場合、1回のチャージで以下の手数料がかかります。

3000〜10000円 510円
11000〜20000円 815円
21000〜30000円 1170円
31000〜40000円 1525円
41000〜50000円 1830円

手数料は申し込み(チャージする)金額によって変わってきます。
また、手数料はチャージ残高に含まれないので要注意です。

 

もくじに戻る

バンドルカードのメリット

 

クレジットカードと同じように使えるこのバンドルカードですが、どんなメリットと
デメリットがあるのか見てみましょう。

 

まずは、バンドルカードのメリットについてですが、

・すぐに利用可能
・チャージ式なので使いすぎ防止になる
・「クレジットカード決済」と同じ扱いになる
・利用停止や再開が簡単にできる

といったものがあります。

 

それでは、詳しく解説していきます。

すぐに利用が可能

バンドルカードを利用する際に、審査や年齢制限がないので登録をするのに時間がかかりません。

 

最短で1分で作れるプリペイドカードと言われているくらいとても早く、簡単に利用できます。
また、登録情報を記入するときに、クレジットカードと違って本人確認の書類などといったものを提出する必要がありません。

 

事前の準備が特に必要ないので、手軽にバンドルカードを発行できますね。

 

チャージ式なので使いすぎ防止になる

チャージしないと使えないというのがこのバンドルカードの特徴であり、あらかじめ決まった金額でしか買い物や支払いができません。

 

また、1回のチャージ金額や月間のチャージ金額に上限があるのでお金の使い過ぎを防ぐことができます。

 

チャージ金額の上限は以下のとおりです。

1回のチャージ金額 3万円
月間のチャージ金額 12万円
累計のチャージ金額 100万円

 

「クレジットカード決済」と同じ扱いになる

バンドルカードはクレジットカードと同じように「カード決済」の扱いになります。

 

例えば、メルカリのようなネットオンラインショップの支払い方法には、代引きやコンビニ払い、クレジットカード決済といったものがあります。

 

代引きやコンビニ払いの場合は手数料がかかることが多く、クレジットカード決済の場合は手数料が無料です。

 

バンドルカードを使えば「クレジットカード支払い」として利用可能なので、オンラインショップで買い物をするときは、手数料を気にせずに買い物が楽しめますね。

 

また、カード決済はコンビニ払いや代引きと違って、手間が少なく支払いがスムーズに済みます。

 

多額の現金を持たずに済み、レジで支払うときにお札や小銭を出す煩わしさもなくなりますよ。

 

さらに、クレジットカードを作れない人でも、クレジットカード払いしか対応していない買い物ができます。

 

例えば、好きなアーティストのライブのチケットを買うときは、クレジットカード払いのみの対応が多く、親のクレジットカードを使っていたなんてことはありませんか。

 

そんなときに、バンドルカードを使えば、わざわざ親のクレジットカードを使わなくても自分でチケットを購入することができます。

 

もし、私が高校生の頃にバンドルカードがあれば、たくさんのライブに行けたのに…と今は思います。

 

利用停止や再開が簡単にできる

バンドルカードはWebやアプリ上で管理できるものになっています。

 

もし、不正な利用があった場合やリアルカードを紛失した場合には、すぐにアプリ上で停止ができます。
停止した場合でも残高や利用履歴が消えることはないので、再開した時も困ることはありません。

 

クレジットカードの利用停止や再開の場合は、登録会社に連絡をしたり、手続きが必要だったりします。

 

一方で、バンドルカードは会社に連絡をせずとも簡単に登録から利用停止・再開までできるので、管理がとても楽なカードになりますね。

 

もくじに戻る

バンドルカードのデメリット

次に、バンドルカードのデメリットついて見てみましょう。

 

バンドルカードのデメリットとして、

・利用できないお店やサイトがある
・登録時にSMS認証が必要

といったことが挙げられます。

 

利用できないお店やサイトがある

まず、バンドルカードはVisaのプリペイドカードになるので、Visa対応の店舗でないと利用できません。

 

上部でも少し触れましたが、バーチャルカードとリアルカードの場合、

・公共料金
・宿泊施設
・定期支払い、定期購買
・保険料の支払い
・高速道路料金
・ガソリンスタンド
・機内販売

といった場面では利用ができません。

 

ツタヤディスカスやYahoo!ウォレット、WOWOW、U-NEXTといった大手のネットサービスでも使用することができません。

 

その理由としては、以下の3つが挙げられます。

・本人確認ができていない
・正確な代金を引くことができない
・カードが有効なのか確認ができない

 

ただし、10代や学生の人は一人暮らしをしていなければ、公共料金や保険料の支払いをする機会が少なく、バンドルカードを使うにあたって困ることはないでしょう。

 

また、メルカリやAmazon、アプリの課金などに利用したいだけなのであれば、特に問題はありませんね。

 

ちなみに、リアル+カードの場合は、ガソリンスタンドと宿泊施設の利用は可能です。

 

登録時にSMS認証が必要

アプリからアカウントを登録する際に、SMS認証が必要になります。

 

SMS認証というのは、スマホに対応しているSMS(ショートメッセージサービス)を活用した個人認証機能になります。

 

最近では、格安SIMや格安スマホの中でこのSMS機能がないものがあります。
もし、SMS認証ができないとアカウントの登録完了ができず、バンドルカードを作ることができないので、登録する前に自分のスマホにSMS機能があるのか確認してみましょう。

 

もくじに戻る

バンドルカードの使い方

バンドルカードの使い方
バンドルカードのメリットとデメリットを理解したところで、使ってみたいと思い始めた人もいるのではないのでしょうか。
では、次にバンドルカードの使い方を説明します。

@スマホからバンドルカードアプリをダウンロード
Apple storeやGoogle Playから無料でダウンロードができます。
Aカードを発行
ユーザーID、パスワード、電話番号、生年月日、性別の入力をしし、カードを発行します。
Bチャージ
発行後、お金をチャージすればすぐに買い物ができます。

 

ものの数分でカード発行まで完了できるのは素晴らしいですね。
とても手軽に作れてしまいます。

 

もくじに戻る

バンドルカードとクレジットカードとの違い

 

バンドルカードは後払い式の「ポチっとチャージ」もあり、クレジットカードと似たような部分が多いです。
しかし、クレジットカードと大きく違う点がいくつかあります。

 

それぞれにどんな違いがあるのか、表にしてまとめてみました。

 

バンドルカード クレジットカード
年会費 無料 0〜10万円
申込み条件 特になし

18歳以上で定期収入がある
その他カードによる

審査 なし あり
ポイント制度や付帯サービス なし あり
分割・リボ払い 利用不可 利用可能

 

では、詳しく見ていきましょう。

 

審査、年齢制限がない

冒頭でも言ったとおり、バンドルカードは「誰にでもすぐ使えるVISAのプリペイドカード」ですが、この「誰でも」というところに疑問を感じませんでしたか?

 

クレジットカードの場合は18歳以上の方が利用できますが、18歳以上でも高校生だと利用できません。
さらに、クレジットカード会社によっては20歳以上でないと、申し込みできないところもあります。

 

そして、クレジットカードの発行には審査の通過が必要です。

 

収入によっては、申し込めるクレジットカードが限られていたり、利用可能額も決められたりします。
また、審査に落ちた場合はクレジットカードを作ることができません。

 

一方で、バンドルカードの場合は、クレジットカードと同じような年齢制限や審査がなく、スマホさえあれば、「誰でも」利用ができます。
未成年の方でも保護者の同意があれば、利用が可能です。

 

アカウント登録の際に、保護者の同意の項目にチェックして、バンドルカードを発行しましょう。

 

バンドルカードはあくまで支払い専用のカード

クレジットカードには、利用する度にポイントがついてくるカードもあり、貯めたポイントを商品と交換したり、キャッシュバックで現金化したりすることができます。

 

また、クレジットカード会社と提携しているレストランやホテルなどで、優待サービスや割引が受けられるクレジットカードならではの特典もあります。

 

しかし、バンドルカードにはこういったポイント制度や付帯サービスはありません。
あくまで、支払い専用のカードになっています。

 

ポイントシステムも便利で嬉しいサービスですが、使用したポイントの把握や失効期限など管理が大変なこともあります。

 

バンドルカードにはそういったシステムがないので、何も気にせず単純に使うことができます。

 

分割払い、リボ払いができない

クレジットカードの返済方法には分割払いとリボ払いというものがあります。

 

分割払い 返済回数を決めて支払う返済方法
リボ払い 月々の支払金額を一定にする返済方法

 

バンドルカードは、プリペイドカードなので月々に返済があるものではありません。

 

ただ、後払い式の「ポチっとチャージ」を利用した場合、分割払い、リボ払いのような支払い方法は利用できないのです。

 

チャージした分の全額を期限までに支払うような仕組みになっています。

 

バンドルカードは、クレジットカードと違って毎月の返済を気にする必要もないので、お金の管理がしやすいですね。

 

もくじに戻る

バンドルカードがおすすめな人・クレジットカードがおすすめな人

バンドルカードとクレジットカード
ここまで読んでみて、バンドルカードとクレジットカードのそれぞれの違いも分かりましたが、どちらを利用したほうがお得なんでしょうか。

 

バンドルカードがおすすめな人

まず、バンドルカードがおすすめな人は、中高生やフリーター、主婦といったクレジットカードを持つことが難しい人です。

 

クレジットカードには年齢制限や審査があるため、持てる人が限られてしまいます。
しかし、バンドルカードには年齢制限や審査がないので、誰でも登録・利用することができるのです。

 

そして、バンドルカードはクレジットカードと同じようにカード決済として使える部分がたくさんあります。

 

クレジットカードがないからカード決済ができないと困る、ということがなくなりますね。

 

クレジットカードがおすすめな人

次に、クレジットカードがおすすめな人は安定的な収入がある人、または分割払いをしたい人や大きい金額を使いたい人になります。

 

バンドルカードと違って、クレジットカードは一度に利用できる金額や上限額が大きいので、大きい買い物をしたい時に使えます。

 

また、クレジットカードを利用することでポイントを貯めたり、色々なサービスを受けられたりするお得な場面もあるので、利用目的によって持っておくのも便利です。

 

併用して使うのもあり

結局、どちらを持った方がいいのか分からないとなった場合は、バンドルカードとクレジットカードを併用して使うこともできます。

 

例えば、家族でカードを持つことになった場合、審査の必要ないバンドルカードをお子さんやおじいちゃん、おばあちゃんたちが持つことができます。

 

利用履歴から、誰がいつどのくらい利用したのか簡単に把握できるので、カードを持たせる抵抗が少なくなりますね。

 

色々な特典を受けたいお父さんやお母さんはクレジットカードでもいいですし、お金の管理がしやすいバンドルカードを持ってみてもいいと思います。

 

もくじに戻る

まとめ

バンドルカードは「後払いが可能なプリペイドカード」。
クレジットカードと似たような機能を持っていますが、誰でも簡単につくれるのが最大の魅力です。

 

近年では、現金を持たないでカード1枚やスマホで買い物ができる世の中になっています。

 

その中でも、「自分もカードを使って決済をしてみたいけど、カードを持つことに抵抗がある」、または「カードを発行するときの申込や登録が面倒」なんて人はバンドルカードを使ってみてはいかがでしょうか。

 

もくじに戻る